PRODUCTS

T.T 165 CLASSIC

MEN

FLAT CAMBER

1990年に発表されたオリジナルT.T165 CLASSICは、サイドカーブ、ボトムやテールロッカーの変更を経て、2021年、限界を迎えた初期のモールドがリニューアルされる。ノーズのティップからワイデストポイントへのラインがより洗練され、レングス、ワイズ共に従来当時のアウトラインを忠実に再現し守り通してきたモダンクラシックデザインである。

取り回しがよく非常に抜けのよい短いラウンドテール。シャープなスプレーをソリッドにブチ上げるポインティーノーズ。サイドカーブとロッカーラインが作り出す美しいアウトラインは、雪の上で自由自在にサーフする為に存在する。誕生以来、徹底的にスタイルを追求し、磨き続けてきたこのモデルは、如何なるコンディションでもこの一本で通し続けるハードコアースノーサーファーのためのGENTEMSTICKフラッグシップモデル。普遍であり、また新たな時代のアイコン。それが TT-modelなのである。

Model
T.T 165 CLASSIC
Length
1650 mm
Running Length
970 mm
EF.edge
1174 mm
Nose Width
277 mm
Waist Width
248 mm
Tail Width
272 mm
Sidecut R.
12840/11450 mm
Setback
-20 mm
Tapered
2.5 mm
Sidecut Dep.
14.5 mm
Cam.
0 mm
Stance Width
450-530 mm
Front Foot
◯●◯●◯
◯●◯●◯
Rec. Stance
490 mm
Rear Foot
◯●◯●◯
◯●◯●◯
PRICE
¥185,900
(税抜価格 ¥169,000)
ご注意
オンラインストアの在庫は最新でない場合があります。最新のモデルの在庫の確認はお問い合わせフォームからお願いします。

FUNCTION

FLAT CAMBER

古典的なボトムデザインだがスキーのテクノロジーを取り入れた1980年代後半に消滅したデザイン。GENTEMSTICK ではこの「フラットキャンバー」こそがスノーボードの古典的オリジナルボトムデザインと位置づけ初代MOSS TTmodel時代よりスノーボードデザインの象徴として採用し続け、その性能を研き続け、完成の域に達している。

従来のキャンバーはパウダーの中で加重がかかっていない状態ではノーズ部分に抵抗がかかり、ノーズが沈んでしまう現象が起きる。ノーズダイブを抑えるために後ろ足加重を余儀なくされ、テールだけでターンをするしか手がない事になってしまう。 同じ事が3次元の自然地形でも起こりうる。例えば壁のトップで加重がかからないターンをする状況の場合、ボードが地形に対して逆に反っている形になり、前足より前部分のレールやエッジが狙っているラインとは違った方向にかかってしまうためにやはり後ろ加重を余儀なくされる。回避するためには、後ろ加重もしくはエッジを効かせたターンをしなければならなくなり、ラインの自由度が失われる。

これは3次元地形を滑るためのスノーボードのデザインとしてナンセンスである。しかしながらこれらのシステムはスキーのノウハウから生まれたものであり、このノウハウを取り入れながら、3次元地形でもっと自由に動き回る事が出来るシステムがこのフラットキャンバーである。加重がかからないターンの無重力感、深いターンの後半の抵抗のなさはフラットキャンバーの特徴である。

REVIEW

ナラッチ / 北海道全般 海外遠征 / 山岳ガイド
札幌近郊にも、まだまだ誰も足を踏み入れない場所が点在しており、小さな冒険の相棒としてふさわしい1本。 北海道の山岳地帯の滑走シーズンは、長く、自然環境や斜面もひとつとして同じ状況がないなか、 板との会話を楽しみながら、斜面の課題をクリアして滑走していく喜びを感じられる1本。 165cmという適度な長さが、浮力を生み、森の中での滑走の取り回し易さは、信頼に値する。 常に雪崩の危険を考えながら行動するガイドツアーにおいて、 雪面へのストレスを軽減させるべく、短時間でトップスピードを実現する直進性の良好さは、他にはないだろう。 一方で、山中に現れる大斜面へのロングターンや、ツリーランの小回りへの素早い対応をも兼ね備えた滑走性が嬉しい。

ワジ / ニセコ
ニセコの山を滑る。 自分で板をコントロールしている感じがいい。沢底からの上り、上りからの下り、沢最高です。 早いスピードのカービングも安定し、板のしなりかたが好き。切れ味いい包丁みたい・・ 自分はいつも165。まだまだ深く付き合いたい板です。

Kage / ニセコ / Photographer
シーズン初め用、ハイシーズン用、春用などと複数本所有し、全てのシチュエーションで使用している。 この板はコーナーバンクがあるような沢ではとにかく最高! またモナカ雪等の悪雪でも接地面の少なさ、細さ、引っ掛かりの少なさ故にうまく逃がす事が出来る。 そしてなによりもこの板の引っ掛かりの少ない、切れ味鋭い刃物のようなターンが好きで使用している。 職業柄物凄く狭いツリーランを強いられる機会も多いが、非常に小回りが利き、斜度がほとんどない所でもちょっとした起伏に合わせて前足を踏めば、ドンドン加速させられるので非常に便利。 TT165は浮力がないと言われているが、体重62kgに20kg前後のカメラバックを背負って、毎日ニセコのディープパウダーを滑っているが不満を感じない。ディープパウダーから悪雪まであらゆるコンディションに優れていて、僕にとっては非常にオールマイティな板であり、これ一本で充分なのだ。

JET / ニセコ 長野 岐阜 兵庫など / 飲食店経営者
林、森、壁(バンク) 、などオールラウンドに使用するが、中でも特に3D地形の沢にはオススメ。フラットキャンバーで切り返しが超早い!! このボードに出会いSnowlifeの世界が広がった。太朗さんAZS!!

makiwari/日本/170cm /73kg /27cm
初めてTTに乗った時は衝撃でした。今までパークメインで滑っていて乗りこなす自信はあったのですが、全く言うことがきかず、この板の奥の深さににどっぷりハマりました。パウダー用のボードにと思い購入しましたが、圧雪バーンもパウダーも全てにおいて自分のスノーボード人生を変えてくれた1本です。20年くらい前の柿色のTTに今でも乗っています。ゲンテンの板を買うなら間違いなくおすすめしたい板です!

d/日本/182cm /73kg /28.5cm
クラシックの乗り味がややメローですが、バインディングを硬め、ブーツはディーラックスのフットルースをチョイス、かなり遊びの幅が広がり、沢やボール形状でフラットキャンバーのサーフライド感が魅力的です。

ほろ/日本/161cm /57kg /25cm
キレの良いターンができる。鋭いけど安定感があり信頼できる1本。

ange/日本/167cm /60kg /25.5cm
ゲンテンスティックのスノーサーフの映像を偶然見てやってみたいと思い信頼出来るお店に伺って初心者のスノーボードで相談させて頂きました。何も分からない自分に経験ないなら165を初めから乗った方がいいのではと勧められて購入しました。初めての日は散々でしたが、徐々に乗れる様になりましたゲレンデのみ今シーズンで6回目の冬を迎えますがこの165でどんなコンディションも滑ってきました他のボードだったらもっと楽しく滑れるとは思いますがまだまだ修行をしていきたいと思います。最高の相棒をありがとうございます

タマクロ/日本/172cm /69kg /25.8cm
2003年から乗り続けています。初めて乗った時の感想が『速っ!』。パウダーでの抵抗感の無い加速がたまりません。BCツアーではガイドさんに『スピード出し過ぎ!』と心配されますが、『TTは勝手にスピード出ちゃうんだよ』と言い訳してます(笑)

ue/日本/170cm /60kg /25cm
今シーズン購入しました。gentemstickは2本目になります。未だ色々乗ってみたい所ですが、知り合いのgentemstickユーザーの方と話をしてて、「行き着く先はTT165classicになる」と言ってました。乗るのが、難しいなどと噂がありますが、乗りこなせる様になりたいと思ってます。

M76/日本/165cm /75kg /26.5cm
もうかれこれ15ほど年前、まだクラシックと名前がつく前にデモボードで初めてこの板に乗った感想を今でもよく覚えていて「何この板、曲がらない」が最初の第一印象だった。スノーボード歴10年を越え、慢心していた自分にいきなり初心者時代に戻されたというショックと、少しだけマンネリしていた自分のスノーボーディングをまた新たなステージへ迎え入れてくれたのかもという嬉しさの感覚に、この板でもっともっと上手になろうという決心をさせてくれたとても貴重な板となりました。もちろんTT165は即購入。それからゲンテンスティックは数本手に入れたけど、迷った時はとりあえずTT165を選ぶようにして今でも現役。普通乗っていては正しく扱えなく、テールが抜け気味になりエッジが噛んでくれません。しっかりした姿勢、体重移動と荷重抜重、板のねじり等体全体をしっかり使ってこそ乗りこなせる板だと思います。もしこのTT165Cを乗りこなせていた時にはどんな板でも上手く扱えてるはずです。敢えて難しい板だとは言わない。むしろとことんやる気にさせてくれる板であり、鍛錬希望の初心者にも是非おすすめしたい板ですね。

HEY/日本/172cm /64kg /26.5cm
TTといえば難しいというイメージですが、実際に乗ってみるととりあえずはゲレンデの上から下までは降りてこれるので拍子抜けしてしまうかもしれません。しかしライダーのように上手に乗りこなすとなると簡単ではありません。乗り込んでいきカービングでのエッジング、パウダーでの荷重がだんだんとわかってくると気持ちの良い滑りを楽しむことができるようになります。乗り始めて5年目ですが、まだまだ飽きない奥の深い板だと思います。

tyorin/日本/172cm /70kg /26.5cm
細身フラットキャンバーによる、滑らかな滑りと滑走性が一番のお気に入り❤️TT165classicで描く一本シュプールは、他のボードでは再現出来ない。パウダーでの浮力が足りない事があるが、TT165classicには不必要。

いの/日本/172cm /62kg /25.5cm
初めてのゲンテンスティック です。乗りこなすのが難しく何度も泣かされる板ですが、うまく乗れた時の感動は大きいです。これからも長年乗って行きたい板です。

トンガリ/蔵王〜夏油/174cm /65kg /27cm
不帰二峰を柿色TTで滑走した話を聞いてからずっと魅了されっぱなし。急斜面〜緩斜面まで斜度はもちろん、雪質も軽いパウダーやゲレンデの圧雪、春先のコーンスノーまでそれぞれを楽しむことができる一本。フラットキャンバーの『点で乗る』フィーリングを感じながらのクルージング、バンクやリッピングでのドラグレスなスムースさは165という長さをまったく感じさせないまさにマジックボード。

磐梯/日本/165cm /56kg /25cm
均斗雲にのっているようだᕦ(ò_óˇ)ᕤ

つか/日本/163cm /63kg /25cm
林、沢での切り返しの早さ!朝イチピステでの気持ちの良いターン最高です!

シロミミ/日本/168cm /58kg /27cm
ゲンテンスティックに乗り変えて、16年それぞれの板が1本ずつが違う面白みがあり自分自信の乗り方の引き出しが増え楽しんでいます。その中でも、TTはやはり別格、1番好きな板です。

TH/日本/182cm /65kg /27.5cm
パウダー フリーラン 全てにおいて 最高の板です。あの伸びの感覚がたまらない!

TOMO/日本/170cm /57kg /27.5cm
TT165のアウトラインの美しさ。上から見ても横から見てもシュッとした姿は見るたびに魅了される。パウダーでの乗り味は、とにかく早い。細身の板の特性なのか、雪に対する抵抗が少ないことで、板の滑り出しがとても早く、ドロップインからマックススピードに達するまでの時間が短い。浮力が無いといわれるが、TTはスピードでその浮力のなさをカバー出来る。カービングにもすぐれていて、しっかり板に乗る事が出来れば、自分の思うラインで、ターンのコントロールができ、キャンバーのある板と比較した場合、フラットキャンバー独特の引っかかりが無い分、自分の板の踏み加減で、ターン孤を調整する事が出来る。壁でのターンもスムーズで、抜け感の気持ち良さは飽きる事がない。乗りこなすには時間がかかるし、悩むことも多いけど、しっかりと向き合えば、どう乗れば良いのかは、TTが教えてくれる。自分を成長させてくれるTT165classic。素晴らしい板です。

もも/日本/177cm /65kg /26.5cm
難しいとの声もありますが、エキスパートではない私には全然分からず。フラットキャンバーTT気持ちよく乗らせてもらってっています。

miya/日本/169cm /78kg /27cm
160・168も共に乗りますが 165CLASSICは違う乗り味があり 特にターン中盤から後半にかけての他の板には無い加速感がたまらなく好きです。また3Dでの動きも絶妙でボトムからの切り返しもレスポンス良く反応すると思います。私感になりますが165は他のモデルよりシビアな板なので しっかり乗れていない時の自分の技量の無さを痛感させられますが 気持ち良く乗り熟せるように修行ですね。サイズですがウエストサイズがシャープな為ブーツサイズUS9で後ろ足側が角度を振って微妙にギリです。足の大きい方はバインの種類にもよるとは思いますが底の厚みがあるバインの方が宜しいかと思います。

kent / 日本 / 170 cm / 70 kg / 26.5 cm
2022-2023シーズン classicに乗りはじめてから初めて1日も乗らない(故意的に出さない)シーズンを過ごしてみました。何度もハイクしてきた山やひとけのない初めての山でも結局はttだったら今日はどうだったかなとか、tt乗りたいなぁと思わせてくれる板です。山のコンディションはいつも違うわけですから、できるものなら毎日様々なコンディションを味わってみたいなと感じます。 典型的なthe自己流の板乗りの人にやっぱり乗りずらいの?と聞かれますが、最低限の基本をおさえて乗っていれば大抵の人は自然をダイナミックに味わえる素晴らしい一本だと思います。

S I / 日本 / 176 cm / 70 kg / 26.5 cm
唯一無二

タートルネックボーイ / 日本 / 167 cm / 69 kg / 26 cm
1999年、ゲンテン?TT?聞いた事も無いボードをその金額にビビりながら即オーダー(当時¥118000)他にロケットHP,インポッシブルを所有してますが今でもこのTTをメインに使用しています。楽しいと思えるまで時間を有すると思いますが末永く付き合えるボードだと思います。朝一のピステンは、まさにカミソリ!これに勝るもの無し!  ゲレンデでTTを持って歩いてる女子を見てカッコイイと思うのは私だけかな?