PRODUCTS

SUPER FISH OUTLINE CORE

MEN

ACCEL CAMBER

SUPER FISH OUTLINE COREは "SUPER FISH" より柔らかめの設定で良く撓りホールドする。ノーマルコアが反発重視の設定で、ロングボードでクルージングのイメージをするならこのアウトラインコアがおすすめだ。一見して大きなノーズとテーパーが特徴で、面積の広いノーズで浮力を得て、細めでしなやかなテールでコントロール性を高める。テールの浮力バランスを保つ為に、テール部は長めにデザインされ様々な機能がバランスよくまとまり、これ迄のこの手の板にありがちな現象の、パウダーでは乗れるがハードパックやゲレンデでは一切太刀打ち出来ないデザインとは一線を画しており、グルーミングバーンでも心地よいターンを可能にしてくれる。それこそがこのシリーズの最大の特徴だ。

Model
SUPER FISH OUTLINE CORE
Length
1760 mm
Running Length
1156 mm
EF.edge
1286 mm
Nose Width
346 mm
Waist Width
268.5 mm
Tail Width
278 mm
Sidecut R.
10500 mm
Setback
23 mm
Tapered
34 mm
Sidecut Dep.
38.75 mm
Cam.
4 mm
Stance Width
520-620 mm
Front Foot
◯◯◯●◯●
◯◯◯●◯●
Rec. Stance
540 mm
Rear Foot
◯●◯●◯
◯●◯●◯
PRICE
¥160,600
(税抜価格 ¥146,000)
ご注意
オンラインストアの在庫は最新でない場合があります。最新のモデルの在庫の確認はお問い合わせフォームからお願いします。

FUNCTION

ACCEL CAMBER

アクセルキャンバーは1998年玉井太朗によってデザインされ、2000年にはテスト先行販売、01-02モデルに加わったSPEEDMASTERに搭載されたデザインであった。従来のキャンバー(ベンド)はターン時にエッジ全体に同じプレッシャーを与えてよりスムースで安定したカービングやターンを実現しようというものである。ボードの前後にある最大幅の約3cmセンター寄りまでアーチ状にキャンバーが入っている。このキャンバーを加重して雪面に押し付ける事によってターンを可能にする。スキー場のような2次元的(平面的)な滑走斜面や堅い雪面(アイスバーンや締まって硬化した雪面)では有効だが、新雪や深雪、または3次元的な自然の地形では進行方向とは反対の方向に反っている事で、かえって引っ掛かりやすく自由な動きを損ねるというデメリットがある。

GENTEMSTICK アクセルキャンバー はその引っかかりを無くし深雪や新雪でもボード先端が雪の中に潜り込まず、自然な浮力を得るようなポジションになるという画期的なものだ。ライダーが自然なポジションで雪面に立った時にボードの形状が最高の滑走性能となるよう開発された。ノーズ最大幅から前足の辺りまで反りが全くなくフラットで前足辺りからテール最大幅3cmセンター寄りまで、アーチベンドの反りが入っている。(アーチ状のピークは後ろ足辺りとなる。)ライダーがボードの上に乗り雪面に立ち上がると、アーチベンドが潰され前足辺りからノーズ部分が雪面に触れているだけ、または少々持ち上がる状態になる。この状態はボードの滑走性能を最大にするためのポジションで、スキーの滑降競技などでの最高速を出すためのポジショニングも同様である。

アクセルキャンバーはA、B間にアーチ状のベンドが入っている。

後ろ足を踏み込んでボードがフラットになり、Cの部分よりノーズにかけて緩く雪面から浮き上がる。これによりボードの下を流れる雪との抵抗を極端に減らすのだ。

近年大手他社からもアクセルキャンバーに類似するシステムが発表されているが、アクセルキャンバーの様なボードセンターより後半にベントがあるシステムで重要なのは、ノーズに向かっていくロッカーのデザインである。オリジナル GENTEMSTICK アクセルキャンバーは、キャンバーが終了するポイントからノーズ最大幅までに特にこだわったデザインが施されている。重要な目的は、ノーズの雪面からの抵抗をなくす事である。

REVIEW